dunknet

to those who love the game







渡邊雄太の最新試合速報

f:id:dunknet:20181218160903j:image Photo by AP

 渡邊雄太は今シーズンメンフィス・グリズリーズとツーウェイ契約を結び、Gリーグ所属のハッスルズで主にプレイしつつ、NBAの試合に年間45日間だけ登録可能という条件でプレイしています。

 

 これまで渡邊雄太は3試合NBAの試合に選手登録をされており、前回は11月14日のミルウォーキー・バックス戦でした。グリズリーズはこの試合に勝利したものの、渡邊は7分46秒プレイして、無得点、2リバウンドと、納得のいかない結果に終わりました。試合後渡邊はチームの勝利を喜びつつ、反省して次に繋げたいと述べました。

 


Yuta Watanabe REJECTS Ersan Ilyasova - 11/14/18

バックス戦で見事相手選手をブロックした際の映像。

 

 しかし渡邊は12月8日のGリーグでの試合中相手選手と接触した際に脳震盪を起こし、約一週間チームを離脱。この試合14分の出場で3ポイントを含む11得点と調子が良かっただけに悔やまれる離脱となりました。

 

 その後復帰した渡邊は12月14日、本拠地で迎えたマイアミ・ヒートとの1戦で再びNBAに登録されるも出場機会を与えられないまま、試合終了。NBAへの挑戦はお預けとなり、この試合でNBAに登録日数を9日としました。

 

 そんな中、本日12月19日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズメンフィス・グリズリーズの一戦に渡邊雄太は出場!実戦には10日ぶりの出場となりました。

 グリズリーズのガードであり中心選手でもある、マイク・コンリーが現在怪我で戦線を離脱しているため、渡邊が招集されました。

 

 今日の試合渡邊は、ゴールデンステイト・ウォリアーズに前半終了の時点で23ポイントのリードを奪われ苦しい展開の中、第四クオーター残り3分58秒で登場。残り1 分49秒にジャンプシュートを決め、残り1分31秒でリバウンドをマーク。その後もう一度シュートを放つが惜しくも決めきれず、試合終了。チームも93対110で負けました。

 

 この試合で渡邊はステファン・カリーやケビン・ドュラントなどNBAを代表するスター選手と同じコートに立ち、初のFG(フィールドゴール)を決めました。 

 10月27日に行われたNBAのデビュー戦として出場したフェニックス・サンズとの試合で、渡邊は2得点するもフリースローからの得点であったので、今日の試合での得点が初のFGとなり、まさに記念すべき日です。

 


Golden State Warriors vs Memphis Grizzlies Full Game Highlights | 12.17.2018, NBA Season

 今日のグリズリーズ対ウォリアーズの試合のハイライト動画。動画では8分50秒あたりで渡邊がボールを受け、シュートを沈めるところを見られます。残念ながらリバウンドと二回目に放ったシュートに関しての映像は見れません。