dunknet

to those who love the game







超貴重!!八村塁のインタビューを翻訳してみた!

 


【バスケ】八村塁 インタビュー(左音声のみ) Rui Hachimura speaking English【英語】

この動画は八村塁がインタビューされた動画である。

今日はこのインタビューを翻訳してみた!

 

インタビュアー(以下イ):どうも

八村塁(以下塁):どうも

イ:日本めっちゃ遠くね?

塁:そだねー

イ:つかさ、どうやってここに来たの? ゴンザガ大はどうやって日本でプレイする塁を見つけて来たんだよ笑

塁:んー4年前にFIBAの大会出てんけど、そん時俺一番点取ったねんな。

ほんで結構インタビューとかされてんけど、ずっと大学でバスケしたいって言い続けてん。そしたら2週間後ぐらいに、ゴンザガとか他の学校から連絡がきてん。

イ:他の学校って?

塁:ルイジアナ大学とかアリゾナ大学とかやな。まぁ他にも来ててんけど。

イ:それって結構でっかい学校じゃない?あのー特にバスケ。

塁:うん。

イ:なんでその中からゴンザガ選んだの?

塁:んーなんかスポケーン(ゴンザガ大学のあるワシントン州の都市)が俺の地元に似てたからかな。街の人もみんな気さくで家族みたいやし。まぁあと世界中から選手が来てて、俺にとってその環境は最高やったのが理由かな。

 

イ:塁自身アメリカ来てからどんな感じの変化があったの? 

英語とか最初に比べためっちゃうまくなったよね。最初は下手だったけどね笑 

凄い努力したんでしょ?見たらわかるわ。

他は?なんかゴンザガ大だけじゃなくアメリカに住む上でムズかったこととか。

塁:まぁ一番は言葉やけど、性格とかもあるかなぁ。

日本人は静かでクールな感じやけど、こっちのやつはうるさいし、言いたい事なんでも言うし笑

日本はほんま気使って生きなあかんねーん

イ:飯は?

塁:俺こっち来る前はピザとかハンバーガー見たいなアメリカの飯好きやってんけど、最近毎日食べてるからもう飽きたわ笑

日本の飯が恋しなってきた。

イ:爆笑 ピザ食うのはやめとけ笑

 

(動画を見て)

イ:塁が日本でどんな感じだったか教えてよ。結構イケてた?

塁:まぁまぁかな?

けど正味、メディアとかうざかってん笑 喋りたない無いこととかもあるしさ。

その点去年は、多少はおったけどそんなおらんかったから楽やった。けど今年はさぁ〜

イ:だよね!今年どこにでもいるっしょ?
あいつら俺よりいい質問する?笑
塁:いや、あいつらおんなじ質問しかせーへんな笑

まぁでもそれがあいつらの仕事やししゃーないか笑

イ:塁は目立ちたがり屋なの?

塁:んーーーわからんけど、もし俺の家族が俺のことテレビで見たら嬉しいやろうし、それが俺がプレイする理由かな?

それと違う意味で注目を集めんのは嫌いかな!

 

イ:ゴンザガ大学は塁にとってどう?勉強のこととかも含めて。

塁:めっちゃええ。マジ最高。

勉強もちゃんとせなバスケとか出来ひんし、めっちゃええ仕組みやわ。

バスケの面も、最高の環境かな?

イ:あのコーチ凄い良さげだね。真剣だし。

塁:そうやな。あいつコーチとしては意地悪な部分もあるやつやけど、それ以外はめっちゃええやつ!

 

イ:ゴンザガのみんなが塁のこと好きになってるけどどう思う?

塁:まぁ感じるかな? 名前とか叫んでくれるし!

 

 

イ:俺は塁みたいなバスケのスキル無いけど、塁はどんなこと感じながらバスケしてるの?

塁:正味俺も自分がどんだけやれるか知らんかったし、今も知らんねん。

でもコーチがいっつも「お前やったら出来る」っていうから、やってみたらできちゃうねん笑

イ:笑笑(お前すげえなぁ〜)

塁:まぁ運動神経が良かったんかなぁ〜笑

 

イ:チームメイトのことを教えてよ。

塁:このチームは色んな所から来てるやつが多いから、多様性あるしめっちゃ楽しいで。

 

イ:じゃあ最後に。NBA行きたい?

塁:せやなぁ〜それが俺の夢かな!!

 

ありがとうございました〜。